金銭消費貸借契約(連帯保証人なし・ボーナス併用版)

この書式を無料でダウンロード ※書式・ひな形のダウンロードには、無料会員登録が必要です。
ログインする

書式の一部抜粋(本文)

金銭消費貸借契約書

貸主    (以下「甲」という。)、借主    (以下「乙」という。)は、本日次のとおり金銭消費貸借契約を締結する。
(貸借)
第1条 甲は、乙に対し、本日金   万円を貸し渡し、乙はこれを借り受けた。
(借入内容)
第2条
弁済期    元本については、平成○年○月から平成○年○月まで毎月末日限り各金  万円( 回払い)
うち、平成○年から平成○年までの毎年○月及び○月については、各末日限り、上記金額に○万円を上乗せして支払う( 回合計   万円)。
利息については、平成○年○月から平成○年○月まで毎月末日限り
利息     年 %(年365日日割計算)
支払方法   甲の指定する口座に、元利金を振り込み送金する方法で支払う(振込手数料は乙負担)。
(期限の利益喪失)
第3条 乙について次の各号の事由が一つでも生じた場合、何らの通知、催告がなくとも当然に、乙は一切の債務について期限の利益を失い、直ちに元利金を返済する。
乙が本契約の一つにでも違反したとき。
支払の停止又は破産、民事再生、会社更生手続、会社整理、若しくは特別清算の申立があったとき。
手形交換所の取引停止処分を受けたとき。
仮差押、仮処分、強制執行、又は任意競売の申立、若しくは滞納処分のあったとき。
(遅延損害金)
第4条 乙が本契約に基づく支払を遅延したとき又は期限の利益を喪失したときは、支払期日の翌日から支払済みに至るまで、残元金に対する年 %(365日日割計算)の割合による遅延損害金を支払うものとする。

書式内で注意すべきポイント

注1 消費貸借契約は、当事者の一方が種類、品質及び数量の同じ物をもって返還することを約して相手方から金銭その他の物を受け取ることによって効力を生じる契約である。
注2 ・・・・・
注3 ・・・・・
注4 ・・・・・
注5 ・・・・・

この書式を無料でダウンロード ※書式・ひな形のダウンロードには、無料会員登録が必要です。
ログインする